山野草に癒されて

tyakku.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ヤブカラシ(藪枯らし)

d0269886_1155195.jpg

繁殖力 旺盛で 公園のフェンスでも覆い尽くすので、少々 厄介者扱いされますが、良く見ると花は、可愛い!ルーペの世界ですね。


d0269886_8545852.gif
d0269886_10422695.gif

[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-28 13:59 | 山野草 | Comments(8)

ヤナギハナガサ(柳花笠)

d0269886_2353016.jpg

河原や道端で良く見掛けます。 帰化植物のようですね。
別名・・タチバーベナ・三尺バーベナ   地味(花数の少ない)な“アレチハナガサ(荒地花笠)”は 、本当に荒地のような所に生息しています。^^


☆~~~~~~d0269886_9593357.gif暑中お見舞い申し上げます~~~~~~☆

More さらに画像があります。
[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-28 13:46 | 山野草 | Comments(10)

ミソハギ

d0269886_8144828.jpg

盆花として、良く使われるので “ボンバナ”  “精霊花”の名もあるようです。
我が家には、矮性(30cm位)の園芸種を植えています。
[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-22 06:49 | 山野草 | Comments(4)

ヒメヒオウギスイセン(モントブレチア・ クロコスミア)

d0269886_012970.jpg

雨上がり  とても艶やかなオレンジ色が映えます。
子供の頃から、田のあるような所で良く見掛けた花は(檜扇水仙)  改良されて、より赤みが加わった この(姫檜扇水仙)  似た名の 檜扇と姫檜扇 4種類の区別が、最近 やっと 解るようになりました。

More檜扇は、次に画像があります。
[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-20 22:01 | 山野草 | Comments(4)

ウバユリ

d0269886_2115526.jpg
ウバユリ(姥百合)・・花が咲く頃に葉(歯)が無いので“姥”とは、少々、可哀そうな名が付きましたね。
これだけの群生をみたのは、初めてでした。地味な花ですが群集美ですね。

More 次に画像があります。
[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-20 14:46 | 山野草 | Comments(8)

月下美人

d0269886_9232555.jpg

花径22cm 香り良し・姿良し 一輪に想いを込めて・・・
7時間程、お付き合いしたら 真夜中の3時  眠い・・・朝、目を覚ましたら花は閉じ うな垂れていました。
[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-14 09:40 | 庭の花 | Comments(4)

藪萱草(ヤブカンゾウ)

d0269886_8425915.jpg

藪の中に、ハッとするほどのオレンジ色・・“ヤブカンゾウ”である。すくすく伸びたヨモギの後ろに、顔だけ覗かせていた。隠れても目立ちますよ!八重咲きですね。我が家のハマカンゾウは、一重咲きですが、花色は、やはり艶やかです。蕾を蒸したものを天日干しすると“金針菜”・・中華料理の食材で頂いたことがあります。
[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-14 09:14 | 山野草 | Comments(5)

木槿(ムクゲ)

d0269886_10181727.jpg

毎日3~4個の花を、次々に咲かせてくれます。このムクゲは、小鳥のプレゼント!
白の一重が、清々しく 気にいってます。撮影時、偶然 蜂のお出ましです。d0269886_1404588.gif
[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-13 11:34 | 庭の花 | Comments(4)

ゴーヤ(ニガウリ)

d0269886_751385.jpg

小さな菜園に、ゴーヤ2本・ミニトマト1本 その根元に、青紫蘇・レタス・ルッコラ・バジル・パセリ等少々“おままごと”である。それでも朝は、ゴーヤの花の香りを楽しみ、色付いたミニトマトを収穫(?)し、ソーメンの時は、青紫蘇をと・・・ささやかな喜びです。
[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-12 07:31 | 庭の花 | Comments(4)

鬼百合とグロリオサ

d0269886_20121086.jpg
野性味を帯びた“鬼百合”(和)と生花で人気の“グロリオサ”(洋)隣同士で咲いている。
目立つ色合いと、反り返る花びらは、お互い個性豊かである。
鬼百合は、ムカゴでも増え、グロリオサは、毎年、芽吹く場所は、定まらず 葉の先は、巻きひげになっていて周りの物にしがみついて立ち上がります。生態を知れば知るほど面白いです。
d0269886_1111498.gif

More 次に画像があります。
[PR]
by natutubaki33 | 2012-07-08 20:44 | 庭の花 | Comments(6)